東洋コーポレーションの“人となり”。
4つのビジョンと「あづまっぺ」について
東洋コーポレーションの
“人となり”。
4つのビジョンと「あづまっぺ」について
当社では、不動産業に従事する者として4つのビジョンを定め、これを徹底させることで、社業の健全な発展に努めたいと考えています。
また、代表取締役・木田志郎は、一個人として福島県にある障がい者福祉施設「あづまっぺ」をサポートしていますが、そのことも簡単にご紹介します。

ビジョン1:不動産業を通じて社会貢献する。

当社の主軸事業に中古物件の再生―当社が使命とする付加価値創造業務―があります。これは日本が抱える課題のひとつ「空き家問題」を解決する一助になると考えます。
さらに「まだ使えるものは手を加えて大切に使う」ビジネスは、省エネ・省資源・エコをサポートし、「もったいない」の精神にも通じます。
このような社会が要請する事業領域には、今後とも力を注いでいく所存です。
また、当社の代表は、福祉施設「あずまっぺ」へのサポートや、地元小学校への寄付なども行っていますが、これも地域に密着する不動産業者の務めだと考えています。

ビジョン2:利益は企業存続の条件である。

これはビジョン3の「働く社員の幸せを実現する」とも関係してくるのですが、当社では、自社の賃貸マンション「ツリーデン」の運用による、安定した高収益を図るスキームづくりに取り組んでいます。
安定した収益は、社員の安定した収入を約束すると考えるからです。

ビジョン3:働く社員の幸せを追求する。

当社では、歩合制の給与体系を採用していません。不動産の仕事は地道な作業や裏方としてのサポートもあり、歩合制では往々にして社員間に不公平が生じると考えるからです。
当社の代表は、社員たちに、「目の前にぶら下げられたニンジン的なお金ではなく、お客さまのニーズにお応えするノウハウを身に付け、自らを磨いていくことに喜びを見いだしてほしい」と願っています。「その姿勢が自らの能力開発にも、ひいては企業の発展にもつながる」と信じています。
なお、当社では、歩合制の給与体系としない分、社員には都内の不動産会社の平均を上回る給与を出せるよう尽力しています。

ビジョン4:企業市民としてコンプライアンスを遵守する。

これはいまさら説明する必要もない自明のことだと思います。
当社では、コンプライアンスをはじめ法令や法規を遵守しつつ業務に精勤することで、微力ながら業界全体の健全な発展に寄与したいと願っています。


お客さまの信頼に応えるため、資格取得を課しています。

当社では、社内研修・社外研修・個々の自学自習を通じて、「ファイナンシャル・プランニング技能士」「不動産キャリアパーソン」「宅地建物取引士」「リフォームスタイリスト」「電気工事士」などの資格取得を社員に課しています。

このように社員が積極的に資格を取得できる環境を整えているのは、不動産業に従事する者としての意識・自覚・能力を高めると共に、お客さまに対して最適なソリューションを提供したいと考えるからです。

当社では、顧問弁護士、税理士事務所、司法書士事務所と連携して相談業務を行っておりますが、そのような場面にも社員を積極的に参加させ、お客さまの期待と信頼にお応えしたいと願っています。


障がい者福祉施設「あづまっぺ」のこと。

私の実家は福島県石川郡浅川町にあります。
その実家が空き家となり、田舎のことですから敷地も広いので、その有効活用をと考え、木田家の菩提寺「来福寺」の菅野信二住職とも相談し、障がい者のための福祉施設「あづまっぺ」をつくることにしました。

組織は2010年10月にNPO法人とし、2011年10月1日より運営しています。
理事長は菅野住職にお願いし、私は理事を務めています。

実家は昔から家業として商売をしていました。地域の皆さまから長年にわたってご贔屓いただいていましたので、それが無くなるのであれば皆さまに有効に活用していただきたいと考え、それが家屋や敷地を活用しての「あづまっぺ」になったわけです。
これも長年にわたって土地・建物に関わってきた私のささやかな恩返しだと思っています。

「あづまっぺ」ができてからは帰省することが多くなったと言われます。
私としては、施設の通所者の方たちと話がしたくて帰っているようなものです。

施設は新しいのですが、昔の「お店」が手工芸の作業場となり、古い蔵の一部が物置になっています。和風の庭は昔のまま残して手入れしてもらっているので、田舎の風情があります。
庭を眺めていると幼い時のことが思い出されてしみじみとしてきますね。

株式会社 東洋コーポレーション
代表取締役 木田志郎