住宅ローンの返済でお困りの方へ。
当社が適切なアドバイスをいたします。
■任意売却について
①住宅ローンの返済を滞納している方も
②裁判所の「差押え」があり、競売にかけられそうな方も
ぜひ当社にご相談ください。解決策となる「任意売却」の適切なアドバイスをいたします。

「任意売却」は、住宅ローン滞納による競売の申立てでお困りの方を救済する方法です。当社は
①住宅ローン返済の滞納による競売や、
②「差押え」による競売を任意売却に変える方法を考えてご提案します。

また種々の法律上の問題については、当社顧問の法律事務所「半蔵門総合法律事務所」をご紹介しますので、法に則った解決策を様々に検討したうえで最善の解決策に到達することができます。
※弁護士さんとの相談料は初回のみ無料です。


■任意売却について
住宅ローンの返済でお困りの方へ。
当社が適切なアドバイスをいたします。

①住宅ローンの返済を滞納している方も
②裁判所の「差押え」があり、競売にかけられそうな方も
ぜひ当社にご相談ください。解決策となる「任意売却」の適切なアドバイスをいたします。

「任意売却」は、住宅ローン滞納による競売の申立てでお困りの方を救済する方法です。当社は
①住宅ローン返済の滞納による競売や、
②「差押え」による競売を任意売却に変える方法を考えてご提案します。

また種々の法律上の問題については、当社顧問の法律事務所「半蔵門総合法律事務所」をご紹介しますので、法に則った解決策を様々に検討したうえで最善の解決策に到達することができます。
※弁護士さんとの相談料は初回のみ無料です。


任意売却が可能なタイミングのリミット
任意売却にはタイミングのリミットがあります。債権者の「差押え」を取り下げるのは、競売入札直前までは可能ですが、早い時期に任意売却の活動を行うのが最良です。なお、債権者が「競売の申し立て」を行う手順は次の通りです。

競売の申し立てが行われるまでの流れ
※期間は若干前後する場合があります。

1. 債権者から「督促状」や「催告状」が届く
▶このような書類が届いたら、なるべく早めに今後どのようにしたら良いかご相談ください。
2. 債権者から分割支払いの権利喪失の旨の「通知書」が届く
※この「通知書」は、住宅ローンとしての分割支払いを認めないという通知です。
3. 債権者となった住宅ローン保証会社から、住宅ローン残債の一括返済を求める「通知書」が届く。
※債権者は金融機関ではなく住宅ローン保証会社となります。
4. 債権者が「競売の申し立て」を行う
5. 裁判所が競売の日時を公示し、物件を公開する。
※1~4の間であれば「任意売却」の可能性はありますが、5まで来ると厳しくなります。

任意売却と競売の違い
  任意売却の場合 競売の場合
プライバシー
については
近隣や会社などに知られる前に売却を行うので、近隣や会社に知られる可能性が低い。 インターネット・雑誌などに開示されるため、近隣や会社などに知られてしまう可能性がある。
残債務については 住宅ローン他にも、税金やマンション管理費などの滞納分があれば、その部分も売却代金に充当できる可能性がある。 残債務よりも低い価格で売却になるので、残債務の支払いに充当することができず、残債務が残ってしまう。
価格については 通常の市場価格と大差ない価格での売却が可能。 競売の場合は一般市場価格より低価格になる。
退去については 債務者の意思を反映させながら売却方針を進めるので、引越し日の決定や債権者との交渉が行いやすい。 債務者の意思に関係なく手続きが進められるため、最終的に強制退去になり、相談の余地はない。
以上の通り比較してみると、「競売」より「任意売却」の方が債務者にとって受け入れやすいと思います。
また、債権者としても、債務者が「任意売却」を選んだ場合、債務者の意思を尊重し、任意売却に協力する場合が十分にあります。

任意売却の注意点
上記で挙げた「任意売却」の特徴はメリットばかりでしたが、以下のように注意すべき点もあります。
1. 債権者との交渉は家主が自ら行います。
※当社なら、交渉の前に弁護士・当社・債務者の間で協議し、様々なアドバイスをすることができます。
2. 債権者の抵当権・差押えを解除するには、売却価格に債権者の同意が必要です。
※債権者との交渉は債務者ご本人が行いますが、当社なら、交渉の間に入ってくれる弁護士さんをご紹介できます。
3. 通常の不動産仲介物件と同じように購入希望者が内見しますので、売却に向けて清掃を行うなど、前向きな努力が必要です。

まずはご相談ください
最近は任意売却で不動産を売却する事例も多くなり、金融機関も容認する傾向にあります。
ぜひ当社と一緒に任意売却に持っていく方法を考えませんか。
お急ぎの方は今すぐご相談ください。
※電話口にて「競売担当スタッフ」をご指名ください。
ご相談ダイヤル
フリーダイヤル
0120-296-021
営業時間/9:30~18:30 定休日/第1・第3火曜日 毎週水曜日
 
お問合せフォーム・ご相談はこちらから
 

お急ぎの方は今すぐご相談ください。
※電話口にて「競売担当スタッフ」をご指名ください。
ご相談ダイヤル
フリーダイヤル
0120-296-021
営業時間/9:30~18:30
定休日/第1・第3火曜日 毎週水曜日
お問合せフォーム・ご相談はこちらから